ビデオプロセッサー
DIVIP804KC

DIVIP804KCは、8入力4出力のシームレスビデオプロセッサーです。
4画面までのマルチディスプレイシステムやLEDウォールにも対応します。
小型筐体ながら、自在なアップダウンビデオスケーリング、目地をまたいだウインドウ表示、
PinP表示、テキストオーバーレイ表示など豊富な機能を搭載。
デジタルサイネージシステムや役員会議室などに最適なソリューションです。

DIVIP804KC_製品写真
Image

選定のポイント


Point 01

レイアウトパターン

4面マルチディスプレイシステムを構築できます。ディスプレイ単面あたり最大2ウインドウの映像表示に対応。
映像の表示サイズ、ウインドウの配置、レイアウトパターンはWEBブラウザーから視覚的にもわかりやすい設定ができます。
拡大表示
拡大表示
単画面表示
単画面表示
PinP
PinP (最大2)
目地またぎ
目地またぎ
Point 02

入出力数

8入力4出力対応で、出力側はHDMIとHDBaseTの2分配出力が可能です。
デジタルサイネージや役員会議室など、4画面までのマルチディスプレイシステムに最適です。
入出力数_接続例
Point 03

導入コスト

「4面マルチディスプレイシステム(入力ソース8ch)」を想定したコスト感です。
その他のシステムソリューションは、9面マルチディスプレイシステム(入力ソース12ch)想定で比較をしています。
下記の比較表から各ソリューションのコスト感を比較できます。
映像周辺機器コスト_接続例

比較表



DEXONシリーズ
DXN6000 シリーズ / DVP500x シリーズ
詳細はこちら >
AVC統合型システムソリューション
IP-NINJAR シリーズ
詳細はこちら >
マトリクススイッチャー
FDX-S シリーズ
詳細はこちら >

ビデオプロセッサー
DIVIP804KC
特長自由度の高い表示レイアウト
マルチフォーマット対応
シンプルな機材構成
拡張性に優れたシステム
導入実績No.1
各種ニーズに対応する豊富なスロットボード
小規模システムに最適
最大4面までのマルチディスプレイシステムに対応
システム規模中~大規模システム中~大規模システム小~大規模システム小規模システム
最大入力数144エンコーダーとデコーダー合わせて
最大512入出力
ビデオウォール最大出力数:36
648
最大出力数(面数)7264(2K),32(4K)4
入力解像度4K@60 (4:4:4)※14K@60 (4:4:4)4K@60 (4:4:4)※24K@30
出力解像度4K@60 (4:4:4)4K@60 (4:4:4)4K@60 (4:4:4)※24K@30
スケーラー
単画面あたりの
ウインドウ数
最大8ウインドウ最大32ウインドウ最大4ウインドウ※3最大2ウインドウ








全画面 (拡大)表示
単画面表示

(拡大はスキャンコンバータ―ボード使用時)
PinP
(マルチビューボード使用時※3)
目地またぎ※4
(マルチビューボード使用時※3)

ライブストリーミング入力
テキストオーバーレイ
(マルチビューボード使用時※3)
シームレス切換
(スキャンコンバータ―ボード使用時)
Dante連携
電源冗長化
映像周辺機器
コスト比較
DXN6000の場合

DVP500xの場合
2Kシステムの場合

4Kシステムの場合

※1 7U, 14Uモデルは4K@60 (4:2:0)まで
※2 FDX-S64Uは4K@60 (4:2:0)まで
※3 FDX-S64Uはマルチビュー非対応
※4 マルチビュー出力を入力して、拡大表示することで対応可能

製品情報



 
 
 
8入力4出力 4K@30対応 ビデオウォールプロセッサー
DIVIP804KC