リモートクライアント管理ツール


ドライブシールドSS、マックシールドを 管理するリモート管理ツール

PC環境復元ツールのリモートクライアント管理ツール

ドライブシールドSS、マックシールドを 管理するリモート管理ツールです。 この管理ツールは、複数のクライアントを一元管理することができます。クライアントのプロテクト状態の変更、電源のON、OFF、再起動ができます。 また、スケジュール機能により、クライアントのWindowsUpdateやウィルスソフトの定義ファイルの更新が可能です。
 

スマートコントロールで利用できる機能
  • クライアントPCのリモート電源ON/OFF/再起動 ※
  • 環境復元機能の有効・解除
  • USB/FireWireデバイスのブロック・解除
  • プリンタ制御機能
  • キーボード・マウスの操作無効・有効切り替え
  • スケジュール実行機能
  • リモートバッチファイル実行
  • ファイル転送機能
    ※電源ONを行うにはクライアントPCがWake on LANに対応している必要があります。
複数のクライアントを一元管理

複数のクライアントを 一元で管理するリモート管理ツールです。


日本語表記の操作画面

従来の英語の操作画面が日本語の表記画面になり、操作する際非常に分かりやすくなりました。


新OS Windows10対応!

Windows10(32bit/64bit)に対応し、更に最新WindowsサーバOSのServer2012でも使用可能です。


スケジュール機能

クライアントのドライブシールドをタイマーで自動的に起動させることが可能です。


機能一覧

スマートコントロールのメインの機能は以下になります。一般的に使用される機能は全て兼ね備えています。

主な機能一覧
日本語表示の
操作画面
インターフェースが日本語表示になり、更に使いやすさが向上しました。
マックシールドの
管理
スマートコントロールでマックシールドクライアントの一元管理が可能になりました。
利用可能な機能:ライセンス認証、プロテクトモードの有効/解除、 クライアントのグループ分け、電源管理
Windows Update 連携機能 クライアントのWindows Update連携機能を、スマートコントロールから管理できます。 指定した時間にクライアントのプロテクトを解除し、Windows Updateを最新の状態にアップデートします。
Windows Updateの実行中はクライアントのキーボードとマウスが無効になり、不要な設定変更を防ぎます。
アップデート作業の完了後は自動的にプロテクトモードに移行します。
適用する更新プログラムは、4段階の重要度から選択することが可能です。
ファイル転送 スマートコントロールPCに保存してあるファイルを、指定したクライアントPCへ転送できます。
一度に複数のファイルを転送でき、クライアントPCのメンテナンスにも効果的です。
また、ファイルを任意のディレクトリに転送することも可能です。

クライアントのグループ分け グループ分けの機能により、グループ毎の制御(プロテクトや再起動の操作)やスケジューリングが可能です。
フィルタリング フィルタリング機能を使う事によって、コントロールが必要なクライアントをすばやく選択して表示させる事ができます。
スケジューリング 授業の開始・終了時の電源ON・OFF。授業の合間の再起動。
Windows Updateやウィルスソフトの更新等をする際の、メンテナンス機能としてご利用ください。予め作成したグループ毎のスケジュール実施も可能です。

キーボードと
マウスのロック機能
スマートコントロールから、ドライブシールドSSのキーボードとマウスがロック可能です。
USBデバイス制御 スマートコントロールより、ドライブシールドSSクライアントのUSBデバイスの各種ロックができます。

フォルダの復元
除外機能(ODP)
クライアントのフォルダ除外機能を、スマートコントロールから管理できます。
保護対象パーティションにある特定のフォルダを、再起動時の復元から除外できます。 ドキュメントフォルダなど、データを残しておきたい領域を復元対象から除外することが可能です。
・IMEのユーザー辞書
・ソフトウェアのログファイルなど
・以下のフォルダはODP機能に対応しておりません。指定しないようご注意ください。
C:\Windows
C:\Program Files
C:\Users\username\AppData\local *隠しフォルダ
・レジストリを除外指定することはできません。
リモート実行 スマートコントロールからクライアントに対してバッチファイルを実行することができます。
機能表 スマートコントロール マックシールド
クライアント
リモートコントロール機能 プロテクト/プロテクト解除
クライアントの電源ON
(Wake On Lan)
クライアントの電源OFF
クライアントの再起動
一時保存領域の変更
単独認証キーの割り当て
指定時間にクライアント再起動
クライアントのグループ分け機能
クライアントのキーボード・マウスロック
USBデバイスの制御 USBメモリー
プリンタ
オーディオ
リモート実行(クライアントのファイル実行)
スケジューリング
WindowsUpdate連携機能
ファイル転送
クライアントのログオフを再起動に変更
機能毎のパスワード設定
フォルダの復元除外機能