PC環境復元ツール

不特定多数のユーザが使用するパソコンを再起動するだけで元の状態に復元。
再起動するだけでPCの環境を元通りに復元!

学校、ホテル、ネットカフェなど不特定多数のユーザーが使用するPCを再起動するだけで初期状態にリセットします。
コンピュータを常に同じ状態に保つことで、管理に要する時間を節約し、ウィルスやマルウェアの脅威からコンピュータを保護します。

リモート管理ツール スマートコントロール

ネットワークで接続されたドライブシールドの設定変更を一括で行うことができます。
※セグメントを越えたクライアントの管理も可能です。

スマートコントロールで利用できる機能
  • クライアントPCのリモート電源ON/OFF/再起動 ※
  • 環境復元機能の有効・解除
  • USB/FireWireデバイスのブロック・解除
  • プリンタ制御機能
  • キーボード・マウスの操作無効・有効切り替え
  • スケジュール実行機能
  • リモートバッチファイル実行
  • ファイル転送機能
    ※電源ONを行うにはクライアントPCがWake on LANに対応している必要があります。

詳細はこちら


Windows Update・アンチウィルスソフトのパターンファイル更新

スマートコントロールのスケジュール実行機能を使用することで、Windows Updateやソフトウェアを最新の状態にアップデートできます。これらの更新中はキーボードとマウスが無効になり、不要な設定変更を防ぎます。

  • WSUSサーバと連携することが可能
  • スマートコントロールを使用せず、クライアント単体でWindows Updateを更新することが可能

Windows10に対応(32bit/64bit)

Windows10搭載 タブレット型PCにも対応。UEFI環境、GPTパーティションテーブルに対応しています。
最新のWindows10タブレットPCも、再起動するだけで環境復元可能です。


フォルダの復元除外機能

データを残しておきたい特定のフォルダを、再起動時の復元から除外することが可能です。
※C:¥Windowsフォルダ、C:¥Program Filesフォルダ内にあるフォルダ、または特定のレジストリは指定できません。


機能制限

コマンドプロンプトなどのシステムツールを、ユーザーがアクセスできないように制御できます。ポリシー制御を使わず、システムの制限を簡単に設定できます。


電源管理

指定時間にPCを自動的にシャットダウンできます。利用時間が限られている施設の常設PCに効果的です。節電効果を高め、管理の手間を少なくできます。


USBブロッキング

各種USBデバイスの接続を禁止できます。USBメモリ、リムーバルディスクなどからのデータ持ち出しやウィルス感染を防止できます。


ステルスモード

タスクバーに常駐するドライブシールドSSのアイコンを非表示にし、ドライブシールドSSが裏で動作していることを気付かせません。学校、インターネットカフェなど不特定多数のユーザーが使用する環境に効果的です。


機能一覧

ドライブシールドSS10のメインの機能は以下になります。一般的に使用される機能は全て兼ね備えています。

主な機能一覧
電源管理 指定時間にPCを自動的にシャットダウンすることが可能です。 シャットダウンの時間は曜日ごとにそれぞれ異なる時間を指定可能です。 施設の常設PCなど利用時間が限られている場所で使用することにより 節電効果を高め、管理の手間を少なくできます。
機能制限

リスト上からコマンドプロンプトやタスクマネージャなどの システムツールをユーザーがアクセスできないように制限する機能です。 また、リストにないプログラムも名前を指定して制限することができます。 ポリシー設定など行わず簡単にセキュリティの設定が可能となります。

以下のWindows機能の使用制限が可能です。
・コマンドプロンプト
・スタートボタン
・コントロールパネル
・タスクマネージャ
・レジストリエディタ
・msiインストーラの実行

PCにインストールされているアプリケーションも リストに入力することで制限可能です。例): notepad.exe

パスワード管理
機能
設定変更時に必要なパスワードを機能毎に設定することができます。
プロテクトモード設定変更時に使用するパスワードとステルスモード設定変更時に必要なパスワードをそれぞれ違うパスワードへ設定することが可能です。
また、一括入力設定にすることで、設定変更時のパスワード入力を省略することが可能です。
Windows Update
連携機能
指定した時間に自動的にプロテクトを解除し、Windows Updateにて最新の状態にアップデートします。
Windows Updateの実行中はキーボードとマウスが無効になり、不要な設定変更を防ぎます。
アップデート作業の完了後は自動的にプロテクトモードに移行します。 適用する更新プログラムは、4段階の重要度から選択することが可能です。
パーティション毎の
環境復元機能
パーティション毎に環境復元機能の設定を行うことができます。 複数HDDによるHDD毎の設定も可能です。
フォルダの復元
除外機能(ODP)
保護対象パーティションにある特定のフォルダを、再起動時の復元から除外できます。
ドキュメントフォルダなど、データを残しておきたい領域を復元対象から除外することが可能です。
・IMEのユーザー辞書
・ソフトウェアのログファイルなど
・以下のフォルダはODP機能に対応しておりません。指定しないようご注意ください。
C:\Windows
C:\Program Files
C:\Users\username\AppData\local *隠しフォルダ
・レジストリを除外指定することはできません。

仮想ドライブの設定 HDDが1パーティションしかないパソコンでも、 データの保存可能な仮想パーティションを作成することができます。
ここで設定された仮想パーティションは、マイコンピュータ上に 通常のドライブとして表示されます。
USBブロッキング 設定をONにする事で、各種USBデバイスの接続が不可となります。
USBメモリや外付けハードディスクなどからの、 データ持ち出しを防止できます。

ステルスモード ステルスモードを利用することで、プロテクトモードの際は、 ドライブシールドSSのアイコンは表示されません。
これは、学校のパソコン教室やインターネットカフェ等のような、 不特定多数のユーザが使用するコンピュータにおすすめの機能です。
パスワードの変更 プロテクトモード/プロテクト解除モード/各種設定変更を行う際の、 パスワードを変更できます。
パスワードを定期的に変更することで、 パソコンのセキュリティを、さらに高めることが可能です。
サイレント
インストール
ユーザによる入力を必要としないインストール方法です。
複数のパソコンに、同じ設定内容でインストールを実行する際に、 非常に便利な方法です。
*スマートコントロールで管理する場合のみ、ご利用頂けます。
リモート
コントロール機能
スマートコントロール(リモートクライアント管理ツール)で、 ドライブシールドSSのリモート制御が可能となります。
プロテクト設定/プロテクト解除/クライアントの リモート電源ON(Wake On Lan), OFF, 再起動 など。
キーボードと
マウスのロック機能
スマートコントロールから、ドライブシールドSSクライアントの キーボードとマウスがロック可能です。