TOP > ソリューション > 官公庁

官公庁

巨大自然災害が多発している昨今、災害対策本部に求められる役割は大きくなっています。また、災害対策にとどまらず、防衛・警察・消防などの中央監視システムにおいては、映像による監視は必要不可欠です。
IDKではマルチディスプレイ、画像合成、映像分配、映像伝送などに対応した映像周辺機器をラインアップ。24時間365日の連続運用に対応できる高い信頼性を備えた各種映像周辺機器により、高度なミッションにも対応できるシステムをサポートします。

IDKが選ばれる4つのポイント


ユーザビリティを重視
システム使用者・システム管理者・システム設計者など、さまざまなお客様に寄り添った「利便性の高さ」「運用効率が良さ」にこだわった製品を開発。
最新技術の採用
高解像度・広帯域・低遅延・IP伝送への対応など、市場の流れを先取りした機器の開発により、次世代システムの導入を強力にサポート。
AVC統合型ソリューション
従来のAVコントロールにとどまらず、制御コントロールまでをフォローする製品仕様により、細かいユーザーニーズに対応したシステムを実現。
フレキシブルな対応力
IDKブランドの映像周辺機器は自社開発・自社製造。日々進化するシステムニーズにスピーディーかつ柔軟に対応。

Case Example


小規模
プレゼンテーションシステム
HDMIまたはUSB Type-Cのデバイスに対応したシンプルなプレゼンテーションシステム
4K PinP 入力自動切換 USB Type-C
小規模
ハイブリッドプレゼンテーションシステム
USB Type-Cに対応した対面型プレゼンテーションとオンライン運用のハイブリッド配信システム
4KHDBaseTPinP入力自動切換外部機器制御USB Type-Cオンライン授業
小規模
ハイブリッドプレゼンテーションシステム
対面型プレゼンテーションとオンライン運用のハイブリッド配信システム
ProVisionaire HDBaseT PinP 外部機器制御 オンライン授業
中規模
プレゼンテーションシステム
ミキサーやパワーアンプが不要な、シンプルでコストパフォーマンスの高いAVシステム
HDBaseT PinP PoH 外部機器制御 パワーアンプ
中規模
プレゼンテーションシステム
プロジェクターと補助モニターを使用した、部屋のどこでもコンテンツを視聴しやすいAVシステム
HDBaseT PinP 外部機器制御
中規模
プレゼンテーションシステム
Dante オーディオシステムと連携したプレゼンテーションシステム
Dante HDBaseT PinP PoH 外部機器制御
大規模
AV視聴覚システム
高精細の映像コンテンツをどこの席からも鮮明に視聴できる4Kプレゼンテーションシステム
4K SDVoE PinP
大規模
ウルトラワイドLEDシステム
AV over IP でオンライン映像を8分割し、任意の位置/ サイズのレイアウトが自由自在
4K AV over IP Dante マルチビュー ビデオウォール
データセンター
KVMコントロールシステム
AV over IPシステムにより、AVシステムとKVMコントロールが可能
4K AV over IP KVMリモート マルチビュー IR
災害対策本部
中央監視システム
9面マルチディスプレイやオペレーター席に必要な情報をリアルタイムに表示可能なシステム
4K HDBaseT 状態通知 二重化電源 LANスルー マルチビュー ビデオウォール
河川・ダム・高速道路・プラント
広域監視システム
カメラメーカーに依存しない広域監視システム
ビデオマネジメントシステム マルチコーデック マルチビュー カメラコントロール
小規模
プレゼンテーションシステム(ProVisionaire)
ヤマハ社のProVisionaireコントロールパネルより、AVシステムをコントロールする小規模プレゼンテーションシステム
ProVisionaire HDBaseT 外部機器制御
中規模
AV視聴覚システム(ProVisionaire)
ヤマハ社のProVisionaireコントロールパネルより、集会室や講堂で映像と音声を集中管理できる中規模AV 視聴覚システム
ProVisionaire Dante HDBaseT 外部機器制御

災害対策本部

中央監視システム

中央監視システムでは、大型デジタルマトリクススイッチャーを中心に入力側ではSDI、DVI、HDMI、RGB、NTSCなどの各種映像フォーマットの映像ソース機器がシステムで混在します。一方、出力側ではマルチディスプレイ、スケーリング、画面合成、映像分配などさまざまな運用ニーズに対応が必要です。本システムは入力側では各種フォーマットコンバーターにより、HDMIへの信号統一を図り、出力側ではシステムニーズに合わせた各種機器によりシステム構成されています。
災害発生の際、リアルタイムで各情報を統合検討することで、災害応急対策の推進を可能にしています。