グループワーク×ハイブリッド配信で多様な授業形式に対応
AV over IPシステムで学生の主体性を育むディスカッション授業へ




立命館アジア太平洋大学

情報システム部情報基盤課 倉科健吾様
4K  AV over IP  Dante  マルチビュー  オンライン授業  PoH

 

 立命館アジア太平洋大学(以下、APU)は、大分県別府市に2000年に設立され、全学生のうち国際学生が約半数在籍している超グローバル大学。教員・学生間でのディスカッションと実践を重視した教育プログラムは、大学のAV施設コンセプトにも大きく反映されています。 2023年3月に竣工された教学棟「グリーンコモンズ」にあるJ101教室に、 IDKのIP-NINJARシリーズ(AV over IP)が採用されました。

 
Image

AVシステムを統括管理されている倉科氏

 今回は、アナログAVシステムからデジタルAVシステムまで広い知見を持ち、常に最新テクノロジーに向き合いながら新たな教室整備にチャレンジされている、情報システム部情報基盤課の倉科様にIP-NINJARシリーズ(AV over IPシステム)の導入についてお話を伺いました。

背 景


  • ディスカッションなど学生のアクティビティーの多いAPUらしい授業をより一層深めるために、サステイナビリティ観光学部開設を契機に新棟が建設されることになり、教室を様々な観点で新しくつくることになった
  • 教員それぞれの授業形式に合ったAVシステムを自由に選択できる汎用性が必要だった

課 題


  • 古い固定型のAVシステムで何とかやりくりをしていたグループワークをやりやすくしたい
  • 映像と音響のノイズや遅延がなく、複雑なルーティングをコントロールできるAVCシステムを実現したい

効 果


  • グループワークの進捗状況をIP-NINJARのマルチビュー表示機能で把握が可能に
  • 音響規格Danteにも対応したルーティングにより、映像と音響のシステム親和性が向上
  • WEBブラウザ設定により、導入時や運用時などのあらゆる場面でメンテナンス性が向上

システム概要



Image
新教学錬「グリーンコモンズ」外観
Image
グループワークに対応したJ101教室
Greencommons

 教室前面に設置された固定什器による従来型のAVシステムとは異なり、グループワークに対応したクラスターハブ(壁面の短焦点プロジェクター、カメラ、マイク、プレビューモニターで構成されている移動式ユニット)と全体講義用のシステムをIP-NINJARにより統合されたシステムとなっている。


Image
モデレータステーション(移動式講義卓)
Moderator station

 講義卓は稼働式(モデレータステーションと言われる教室中央部に配置されている円卓)で教室前方からの講義やグループワークエリア内から学習をサポートするなど、授業形態に柔軟に対応できる。


Image
アシストステーション(操作卓)
Image
グループワーク成果発表の起点となるクラスターハブからの配信
Image
クラスターハブ壁面のトランシーバー

Image
システム操作画面
Control panel

 システム操作画面は既存システムの操作性の踏襲し、誰でも操作できることを担保しながらも、システムを使い倒したい教員にはAdvanced GUIを準備しており、多様な授業ニーズに対応できるシステムとしている。




— 映像音響システム検討における課題をお聞かせください。

教室の規模を問わない新しいグループワーク

 APUの取り組みとして、発言力や考える力を養えるグループディスカッションをベースとした授業を展開していますが、古い固定型の什器や映像機器では制約が多く、改善をする必要がありました。検討段階では、高機能な設備を導入したとしても、教員が使いこなせず不相応な過剰な映像システムにならないか懸念を抱いていました。またポストコロナを見通してハイブリッドの機能をどうすべきか悩みましたが、ゲストスピーカーを遠方から迎えることなく、自由に授業に招待できますし、リモート環境は必然的に求められるシステムでした。コロナ禍を経て、教員のカメラや音響機器への抵抗感が少なく、学ぼうとする協力や理解もあって、導入を推進させることができました。

 また、ハイブリッド配信システムだけでなく、グループワークでの使いやすさを追求するためには、映像の投影方法を見直す必要がありました。それは、教員それぞれの授業形式に合ったシステム を、自由に選択できる汎用性を持たせたいと考えていたからです。AV over IPテクノロジーを使用することで、既存のAVシステムの操作性は踏襲しながら、教室の規模に問われない新しいグループワーク環境のモデルを構築し、新しいスタートラインに立てたと考えています。
Image
簡易システム構成図

4K@60対応 HDMIエンコーダー CATモデル
NJR-P01UC-T
4K@60対応 HDMIデコーダー CATモデル
NJR-P01UC-R
4K@60対応 HDMIトランシーバー ウォールプレート・CATモデル
NJR-P01UCW-TR
Danteオーディオブリッジインターフェイス 光ファイバーモデル
NJR-AB08DAN
IP-NINJAR マネジメントプラットフォーム
NJR-CTB



— IP-NINJAR製品を採用いただいた理由をお聞かせください。

グループワークの進捗把握が容易に

 グループワークの進捗状況を教員が手元で把握できるといいという声に端を発し、ワークを一堂に表示できるマルチビューを構築しました。特殊なアプリを学生や教員のPCに導入する必要なく、PCの映像や、カメラの映像を一堂に表示できるので使い勝手もシンプルです。これは、IP-NINJARのデコーダーの機能のみでシンプルに実現できることから、機材を追加する必要がないことに驚きでした。過去にコスト面で見送ったものを今回は実現できました。
Image
マルチビュー表示

オーディオルーティングとの親和性の高さ

Image
クラスターハブごとに音響機器(マイクロホン)を設置
 従来型のスイッチャーを使ったAVシステムでは、大規模音響システムへの対応に課題を感じていました。複雑なオーディオルーティングがある多段システムでは、ディエンベッド用音響機器が増えたり、リップシンクが取れなくなったりすることがあるからです。こういった課題に対応するためにも音響規格にも対応したAV機器が必要で、Dante規格にも対応した製品があるIP-NINJARシリーズを採用したポイントでもあります。映像機器メーカーでありながら音響との連携を重視している製品ラインアップは気に入っています。

AVシステムのステータス把握

 IP-NINJARのシステム制御を司っているマネジメントプラットフォームNJR-CTBから、「システムのステータスを把握できる点」、「リモートで必要な設定を変更できる点」でシステムサポート面での優位性を感じています。現状、APUのアラート対応をする際は、大分の現場から管理画面のスクリーンショットをメインオフィスのある京都に送ってもらい対応していますが、いずれネットワーク越しで遠隔操作できるようにしたいと考えています。そういった点でも、ネットワークを使用したAV over IPシステムは、AVシステム管理のDX化を実現させるためにも必要不可欠なIPソリューションでした。



— 今後のAVシステムに向けた展望・課題についてお聞かせください。

映像解析などAIとの連携を視野に

 映像解析などAIなどの力を借りて、もっと教員を支援できたり、学習効果を高めていくことができるのではないかと考えています。これまでは、表示や記録に使ってきたAVシステム自体がセンサーの1つとして、映像・音声データを解析システムへ連携していくと面白くなると思います。そのためにもAVシステムのネットワーク化は必須と考えています。カメラ収録で得られる映像データは、単なる授業収録にとどまらないAIを利用した映像解析のための将来への投資、入り口という解釈でいます。

高フレームレート対応

 学習深度や理解度を評価するためにカメラでとらえた学生の表情を解析するといった運用シーンにおいて、高フレームレートで撮影できるカメラをAVシステムに取り込んでいくというニーズは、現在でも教員や学生からの問い合わせもあり、今後もますます上がってくると考えています。



— IDKに対する評価についてお聞かせください。

授業中のトラブルもWEBブラウザからその場で解決

 ネットワーク対応、リモート対応に積極的に取り組んでいるメーカーと捉えています。スイッチャーの設定の実効値をタイムリーに確認ができ、設定項目が幅広く揃っていることはユーザビリティが高く、システム導入するうえでも使い勝手の良い、勧めることができる製品です。通常メニューでサポートしていないところであってもAdvanceメニューで対応できるなど、現場で起こりえる問題を想定した製品だなと感じます。また、WEBブラウザから制御コマンドが実行可能なため、保守サポート性の高さを評価しています。 授業中のトラブルに、その場でHDCP設定変更を行ったことがあるほどです。
 IDKの技術サポートにおいては、現場対応が迅速で助かっています。現場でファームウェアの書き換えなども対応してもらったことがあります。本来はソース機器・シンク機器が原因であっても製品仕様などのせいにせず、問題に真摯に向き合い対応してもらったので感謝しています。

※ページ上の内容は2023年4月時点の情報です。

 
Image
大学名立命館アジア太平洋大学
設置者学校法人立命館
設置場所大分県別府市十文字原1-1
開学年度2000年4月
URLhttps://www.apu.ac.jp

Image
大学名立命館アジア太平洋大学
設置者学校法人立命館
設置場所大分県別府市十文字原1-1
開学年度2000年4月
URLhttps://www.apu.ac.jp