TOP > ソリューション > AV over IPの基礎

4K・8Kの高画質時代を支える
次世代AVシステムソリューション

AV over IP

AV over IPとは?

映像や⾳声をIPネットワーク経由で伝送する技術です。
1980年の規格化以降、40年にわたり進化を続けてきた信頼性の⾼いイーサネット技術をベースとしています。
システム規模に応じた柔軟な機器構成を可能にし、システムのシンプル化と映像・⾳声・制御までの統合を実現します。
従来型のマトリクススイッチャーを中⼼としたシステムに代わる、次世代AVシステムソリューションです。

進化を続ける映像コンテンツとAV over IP

映像コンテンツは高精細、高解像度、広色域化が進み、4K映像が一般化してきました。
従来のシステムではデータ量が大きい4K映像を高画質で配信することは難しかったのですが、AV over IPシステムにすれば、4K映像も視覚的な情報欠落のない高画質伝送を実現します。
より高精細、高画質へと進化を続ける映像コンテンツとともに、幅広いシステムアプリケーションでAV over IPが急速に普及しています。

フルハイビジョンと4Kの画素数

| AV over IPを選ぶメリット |

システムのシンプル化と⾼い拡張性のAVC統合システム


シンプルな機材構成で
高機能システムを実現



AVシステムに
必要な機能が満載



効率の良い
伝送インフラの構築



システムニーズに合う
豊富なラインアップ



中長期的なAV
システム整備に最適



保守管理運用
コストの削減



シンプルな機材構成で高機能システムを実現

エンコーダー、デコーダー、ネットワークスイッチという従来システムと⽐べると圧倒的に少ない機材構成でシステム構築が可能です。


従来システムとAV over IPシステムの比較
AVシステムに必要な機能が満載

延長・分配・切換・マトリクススイッチ・スキャンコンバート・マルチビュー・ビデオウォールなどの豊富な機能を搭載しており、あらゆるAVシステムに対応が可能です。

効率の良い伝送インフラの構築

1本のケーブルで映像信号・音声信号・制御信号・USB・電源の伝送が可能。
※対応できる伝送信号は機器により異なります

システムニーズに合わせた豊富なラインアップ

・視覚的ロスと実質的伝送遅延のない、4K ⻑距離伝送に対応した10G 光伝送システム
・機器間伝送100m 以内で視覚的ロスと実質的伝送遅延のない、4K 伝送に対応した10G Cat ケーブル伝送システム
・伝送帯域を効率的に活⽤する1G ネットワーク伝送システム

中長期的なAVシステム整備に最適

ネットワークスイッチのポートを確保できれば、エンコーダー・デコーダーの追加により、柔軟なシステム拡張が可能。
従来型のマトリクススイッチシステムのように、システム拡張に伴うスイッチャーの入れ換え作業などを含む大掛かりな改修作業は不要です。


デコーダ増設例
保守管理運用コストの削減

IPネットワークベースシステムの特長を生かし、学校内や企業内のAVシステムの「運用」、「管理」、「保守」を一元管理することができます。


NJR-CTBの操作例

| 主な機能 |

さまざまな機能をAV over IPに統合

従来型のAVシステムのように、個々のシステム要求に応じた専⽤機器は不要になります。
延⻑・スキャンコンバート・マトリクススイッチ・ビデオウォール・マルチビュー・KVMコントロールに対応する豊富な機能を備えています。
拡張性の⾼いネットワークスイッチと組み合わせることで、シンプルな機材構成ながら小規模システムから大規模システムまであらゆるシステムに対応します



延長


延長

スキャンコンバート


スキャンコンバート

マトリクススイッチ


マトリクススイッチ

ビデオウォール


ビデオウォール

マルチビュー


マルチビュー

KVM


KVM

| AV over IPの使用例 |


IPネットワークを活用した接続例

| IDKとSDVoE |

IDKはSDVoEのSteering Memberとして活動しています

SDVoEとは?
SDVoE(Software Defined Video-over-Ethernet)アライアンスは、イーサネットを利用したAV 信号伝送の標準化を目的として、HardwareおよびSoftwareプラットフォームを中心に業界をリードする企業を集め、SDVoE 技術を利用したエコシステムを構築するために協力している非営利のコンソーシアムです。

IDKではコアテクノロジーであるBlueRiverを使用しているIP-NINJARシリーズがSDVoE対応製品です。アライアンスの基本概念はSoftwareで差別化を各社がするというところからスタートをしていますが、IDKはSoftwareのみならずHardwareを含め差別化を進めながらHDBaseT同様にAVシステム全体をAV over IPで構成できるテクノロジーの一つとして製品開発・市場投入を進めています。

IDKは2017年のSDVoEアライアンスが発足当初からContribution Memberとして参加をしてきましたが、2020年6月25日よりSteering Memberとして国内外でのSDVoEアライアンスの活動を推進していくこととなりました。

特集ページはこちら >
SDVoEロゴマーク
Image

AV over IP導入におすすめのエンコーダー/デコーダーをはじめ、ワンストップソリューションを提供する充実のラインアップ

詳細はこちら >
Image