社員インタビュー

2012年入社
H.Nさん

技術本部
ファームウェア設計2課

現在の仕事内容は?

アイ・ディ・ケイ製品に組み込まれているソフトウェアの設計が主な仕事です。担当している製品はMSDシリーズです。このシリーズはさまざまなAVシステムの中でも中核となるスイッチャと言う製品ですので、緊張感を持って開発に臨んでいます。もともと私は学校でC言語を学んでいたのですが、いざ仕事を始めてみるとわからないことだらけでした。ですから、ほぼ1から始めたような感じですね。入社してから色々な経験をしたことで、2年目辺りから「開発のコツ」のようなものがつかめるようになってきました。

仕事における主なミッションは?

ひとつの製品に対して、開発の開始から完成まで一貫してソフトウェア開発を行うことです。仕様の検討・決定からコーディング、デバッグまでを担当します。最初からうまくいけばいいですが、開発途中では色々な問題が起こります。その原因を考えて、修正して検証して…というように、ひとつひとつの作業を注意深く行いながら製品開発を前に進めています。

仕事でのやりがいや喜びは?

開発したソフトウェアが、最終的にカタチあるモノになるところです。筐体に入って、「製品」となって世の中に登場させることができるんです。たとえばスマホの「アプリ」のようなものですとカタチがないですよね。それだと私は物足りないと感じてしまうんです。でも、自分の開発しているソフトウェアはちゃんとカタチになって、いろんな場所でたくさんのユーザーの方々に使っていただける。そんなところにやりがいや喜びを感じますね。

アイ・ディ・ケイを選んだ理由は?

兄の影響もあって、以前からソフトウェアの開発に携わりたいということは決めていました。その中でもやはり最終的には「製品・モノ」を作るメーカーで働きたいと思ったんです。そのうえで、できれば自社製品を開発している会社を探していました。それで、最終的にアイ・ディ・ケイを選びました。

今後の目標は?

最初にお話したように、入社して5年の間に色々な経験をさせてもらって、仕事の中でスキルアップしていくことができました。結局、本当の知識・知恵と言うのは自分で経験しないと身につかない。目標といってよいのかどうかわかりませんが(笑)、これからも自分のペースやスタイルで、知識と技術を身に着けて自分を向上させていきたいと思っています。

オフタイムの過ごし方は?

わりと家でのんびり過ごすことが好きなので、休みの日は録りためておいたテレビをみたりして過ごしています。定時退社日や早く仕事が終わった日は、会社の人と飲みに行ってとりとめのない話をして楽しむこともあります。これも基本のんびりですけどね(笑)。

就活生に向けて
アイ・ディ・ケイってどんな会社?

部署間の垣根が低いというか、自由な横のつながりがつくりやすい会社です。技術部内はもちろんですが、営業部をはじめとする他部署の人とのコミュニケーションもとりやすいですよ。よく“風通しのいい会社”なんて言い方をしますが、まさしくそんな社風の会社です。

就活生へのメッセージ

人と気軽に話せたり、質問ができたりする人であれば、知識や技術力はどんどん身につけられると思います。プログラミングの最低限の知識は必要ですが、焦らずにじっくりと目の前の仕事に取り組んでほしいですね。海外にも積極的に展開していますから、自分が開発した製品がアメリカやヨーロッパ、アジアでも活躍するって考えると、結構ワクワクしますよ。難しく考えないで、アイ・ディ・ケイの扉をたたいてくれたらいいなと思っています。


SCHEDULE

1日のスケジュール

8:30 出社
9:00 コーディング開始 担当製品のコーディングを行います。
仕様通りの動きになるようにプログラムを記述。
12:00 昼休み
13:00 実機で動作確認 プログラムをハードウェアに書き込み、想定した動作になることを確認。
15:30 課内ミーティング 進捗状況の報告を確認をします。
16:00 動作確認作業を再開
19:00 退社

社員を知る

それぞれのフィールドで活躍するアイ・ディ・ケイの社員たちをご紹介します。