当サイトは、ドライブシールドSS(BS)/スマート(ベーシック)コントロールのユーザーサポートページです。
よくある質問(Q&A)、バージョン情報等をご紹介しています。ぜひご利用下さい。
障害情報
[2018/06/07] Windows10大型アップデート実施時のご注意点
[2016/10/27] Windows Update実施後、設定画面上に「サービスに接続できません」と表示される件について
[2015/04/30] MacBookAir(Early2015)でのマックシールド使用に関して
[2014/05/07] SSD環境下でのマックシールド使用に関して
[2013/10/10] トレンドマイクロ社製ウィルスバスタークラウド併用時にブルースクリーンが発生する問題に関して
[2013/03/26] 特定のパーティション内にあるデータが復元されてしまう件について
[2010/09/08] マルチブート環境で使用する際の注意事項
[2010/09/07] スマートコントロールのインストール時の注意事項
[2010/04/27] シャットダウン または ログオフ が正常に行われない件の対応策のお知らせ
[2010/02/24] ESET社製アンチウィルスについて
[2009/07/02] Symantec社製アンチウィルスについて
[2009/07/01] ソースネクスト社製ウィルスセキュリティZEROについて

 障害情報
Windows10大型アップデート実施時の注意点


ドライブシールドSS10及びスマートコントロールを端末へインストールした状態のままで
Windows10の大型アップデートを実施すると、サービスが正常に動作しない問題が確認されております。
大型アップデートを実施する必要がある場合は、実施後に必ず動作確認をお願い致します。

 対象製品
ドライブシールドSS10 (Ver.2.1.12.1194)
スマートコントロール (Ver.2.1.12.1194)
 発生条件
・Windows10
・大型アップデートの実施
 対策
ドライブシールドSS10、スマートコントロールをアンインストール後、
再インストールの実施が必要となります。

スマートコントロールの再インストールにつきましては、
以下の手順で設定を引き継ぐことが可能です。

<手順>
1. スマートコントロールのメニューバーにある[ファイル] → [データのインポート/エクスポート]を
  選択します。

2. 表示されたダイアログから、「設定」「スケジュール」「グループ」「クライアントコンピュータ」の
  チェックボックスにチェックを入れ、[エクスポート]ボタンをクリックします。
  任意のファイル名を入力して、ファイルを保存して下さい。

3. 現在のスマートコントロールをアンインストールしていただき、
  Windows10大型アップデートを実施後に、
  スマートコントロールを再インストールをしてください。

4. 再インストールしたスマートコントロール上の
 メニューバーの[ファイル] → [データのインポート/エクスポート]を選択します。

5. [インポート]ボタンをクリックし、
  手順2でエクスポートした.cenxファイルを選択してください。

6. インポート完了後、スケジュール設定等が復元されているかご確認ください。