当サイトは、ドライブシールドSS(BS)/スマート(ベーシック)コントロールのユーザーサポートページです。
よくある質問(Q&A)、バージョン情報等をご紹介しています。ぜひご利用下さい。
障害情報
[2018/06/07] Windows10大型アップデート実施時のご注意点
[2016/10/27] Windows Update実施後、設定画面上に「サービスに接続できません」と表示される件について
[2015/04/30] MacBookAir(Early2015)でのマックシールド使用に関して
[2014/05/07] SSD環境下でのマックシールド使用に関して
[2013/10/10] トレンドマイクロ社製ウィルスバスタークラウド併用時にブルースクリーンが発生する問題に関して
[2013/03/26] 特定のパーティション内にあるデータが復元されてしまう件について
[2010/09/08] マルチブート環境で使用する際の注意事項
[2010/09/07] スマートコントロールのインストール時の注意事項
[2010/04/27] シャットダウン または ログオフ が正常に行われない件の対応策のお知らせ
[2010/02/24] ESET社製アンチウィルスについて
[2009/07/02] Symantec社製アンチウィルスについて
[2009/07/01] ソースネクスト社製ウィルスセキュリティZEROについて

障害情報
Windows Update実施後、設定画面上に「サービスに接続できません」と表示される件について


Windows10 のWindows Update実施後、ドライブシールドSS10の設定画面を開くと
「サービスに接続できません」と表示され、設定画面の操作ができない問題が確認されております。

 対象製品
ドライブシールドSS10 (Ver.2.1.12.1194)
 発生条件
・Windows10
・Windows Update実施後に発生
・ドライブシールドSS10のWindows Update連携機能実施後に発生
・スマートコントロールのスケジュール機能によるWindows Update実施後に発生
 対策
ドライブシールドSS10がインストールされた端末にて、
以下の手順を実施していただくことで現象の回避が可能です。

1. タスクマネージャを開き、プロセスタブの中にある「Centurion.Client」を
  右クリックし、タスクの終了を選択します。

2. サービスタブの中にある「Centurion Technologies Service」を
  右クリックで選択し、再起動を選択します。

3. 以下のファイルを実行し、ドライブシールドを起動します。
  C:\Program Files\ Centurion Technologies\Client\ctsrgui.exe

  実行後、設定画面が正しく表示されるか確認します。

4. ドライブシールドがプロテクトモードの場合は、一度プロテクトを解除して端末を再起動してください。
  また、プロテクト解除後に同じ現象が発生する場合は再度1~3の手順を実施してください。

本現象は2018年7月リリースの最新バージョンにて修正しております。最新バージョンはこちらからダウンロードできます。