社員インタビュー | IPシステム部IPシステム課 W.Sさん

社員インタビュー IPシステム部IPシステム課 W.Sさん
現在の仕事内容は?
アイ・ディ・ケイではipMew(アイ・ピー・ミュー)というIP映像監視ソリューションのブランドを持っています。IPシステム課では主にそのipMewの、監視カメラの映像を扱う機器やソフトウェア開発を行っています。私は監視カメラを制御する組込みソフトウェア開発とそれに付随するソフトウェアのドキュメント作成が主な仕事です。
仕事における主なミッションは?
いわば、“もしも”の時の不安を減らせる製品を開発することです。監視カメラの映像は、何事も起きていない時には必要ありません。でも、例えば自然災害の発生時にはとても大切な役割を担うことになります。そのためには、常に動き続ける、止まる事のない製品開発に取り組むことが社会に対するミッションだと考えています。
仕事でのやりがいや喜びは?
モノが完成する瞬間に立ち会えるということです。プログラムを書いて、それが思い通りに動いた時はすごくうれしい。また、これは製品ではないんですが、ipMewの販促用のカタログを作ったときは、素案を考えるところから任せてもらえたので、大変でしたが楽しかったですね。
アイ・ディ・ケイを選んだ理由は?
会社訪問をした時にとても働きやすそうな、話しやすそうな雰囲気を感じたことです。元々は機械系の学科で自動車の研究室にいました。研究テーマは制御でしたので、多少はプログラム的なことは学んでいましたが、やはり畑は違う。"大丈夫かな…?"っていう思いは正直ありましたが、この会社の雰囲気なら壁にぶつかっても気軽に質問して教えてもらえそうだ、って感じたことが入社を決めた大きな理由です。
今後の目標は?
自身の技術力をもっと向上させて、何か一つでも"これだけは負けないぞ!"っていう部分を持ちたいです。具体的には、カメラ操作に関するプログラムで"わからなければ、W.Sさんに聞け"って思ってもらえるようになりたいですね。
オフタイムの過ごし方は?
実は歌う事が大好きで。。。(笑) 休日や早く退社した日にはカラオケ仲間と一緒に盛り上がって楽しんでます。最近ではボイストレーニングを受けたりもしてるんですよ。
就活生に向けて
アイ・ディ・ケイってどんな会社?
最初に会社訪問をした際に受けた、いい人が多いなっていう印象は、入社後も変わらないですね。あと、餅つき大会や社員旅行などがあって、いい意味で古風な部分が残っている会社だなって思います。また、大きな会社ではないからこそ、部署を超えたコミュニケーションがとりやすい会社だと思います。
就活生へのメッセージ
技術職ですけど論理的思考が出来る人であれば、決してプログラムの経験が豊富でなくてもきっと面白みを見つけられる仕事だと思います。それと私が就職活動をしていた時に、先輩からこんなことを言われたんです。"自分は何が好きなのか、何の仕事がしたいかではなく、誰と仕事をするかが大事なんだよ"って。これは社会人として働き出してからも、全くその通りだなって時々思い出しますね。皆さんも前向きに、いろいろな会社を訪問しながら、自分に合った会社が見つけられるように応援しています。
一日のスケジュール

その他インタビュー

 

PAGE TOP