会社情報

CSR活動報告:「平成30年7月豪雨」の被災地に対する継続的なボランティア活動を開始いたしました

2018/08/24

アイ・ディ・ケイでは、西日本を襲った「平成30年7月豪雨」の被災地に於ける継続的なボランティア活動への参加を開始いたしました。
8月2日-3日で第一班が活動を行ったのは岡山県倉敷市真備町。現地では土砂崩れや河川の氾濫などが広範囲で発生したため第一班が参加した時点でも多くの地域が復旧作業に追われておりました。

私たちは今回のような大規模な自然災害の脅威に逆らうことができないこと、またこのような状況下ではお互いが助け合って生きなければならず、それぞれが被災地に関心を持ち、地道に助け合いの輪をつないで行くことが大切であることを実感しました。

アイ・ディ・ケイでは今後も第二班、第三班と継続して被災地でのボランティア活動を続ける計画です。

 

末政川決壊地点付近
倉敷市災害ボランティアセンター

« 前の記事 | 記事一覧へ | 次の記事 »

PAGE TOP